おすすめ
5Gってなに、今までとどう違う?

テレビで5Gなんてワードを耳にしませんか。ここでは5Gとは何か、何が変わるのか簡単にまとめてみました。

 

5Gとは?

     

 5Gは、現在スマートフォンなどの通信で使用されている通信規格4G(LTE、LTE-Advanced)の後継技術です。世界各国が参加している3GPP(3rd Generation Partnership Project)という所謂、国際会議で仕様等を決めた新しい通信技術です。国ごとで通信方式が違うと大変ですからね。

 

5Gで今までと何がかわる

    

出典:総務省 / 5G利活用アイデアコンテスト

 超高速通信:5Gは今の4Gを発展系なので、当然通信速度が速いです。3Gから4Gへ移行のした時には動画をスマートフォンで見たりアプリのダウンロードが一般的になりました。4Gの100倍というからものすごいですね。

 超低遅延:こちらはイメージが沸きにくいですが、リアルタイム性が必要となる。遠方の国の相手と格闘ゲームで対戦したり、VR(仮想現実)空間を共有などにも利用できる。さらに、遠隔手術のような医療も可能となる。遠隔地の医師が映像を見ながらロボットを遠隔操作して執刀するなどが可能といわれています。

 多数同時接続:最近はIOTなんて言葉もよく聞くようになりましたが、日常のあらゆる物、家電や自動車医療器具などが通信を行うようになるとその数は膨大です。そういった場面でも5Gは活躍するんですね。

●IOTとは?どんな活用事例があるの?

 

5Gはいつから利用できる

 日本では2020年開始予定でしたが、1年前倒しされ、2019年から順次サービス開始となっています。朝日新聞の報道によると、一般に利用できるのは2020年からのようですが端末貸し出しなどによる限定的なサービスは2019から始まるようです。ちなみに米国では2019.10からサービスが一部開始していますが、日本でも2020オリンピックに向けますます盛り上がっていきそうです。

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事