おすすめ
金曜ロードショー 耳をすませば を100倍楽しむ~裏設定 都市伝説

耳をすませば、みなさんはなんどご覧になったことがありますか?ここでは作品の紹介から作中では気づかないネットで語られる裏設定までまとめてみました。何度も見た方も新たな視点で視聴して楽しんでいただけたらと思います。

あー、青春時代に帰りてー。カントリーロ~ド、、

耳をすませば ってどんな作品

 原作は少女漫画雑誌『りぼん柊あおいの漫画作品、近藤喜文監督によりスタジオジブリ制作のアニメ映画化。原作漫画版とアニメ映画版では設定や展開が異なります。アニメ映画版では、東京都の多摩市と武蔵野市が背景美術のモデルとなっています。

へー、原作は少女漫画だったんだ。だからちょっとこっぱずかしいのね

読書が大好きな中学1年生の少女、月島雫(つきしま しずく)。雫は愛読書の図書貸し出しカードに天沢聖司(あまさわ せいじ)という名が度々あることに気がつき、知らない彼への思いをめぐらす。そんなある日、電車の車内で出会った猫に導かれ、地球屋という不思議な店に迷い込む・・・

耳をすませばの時代背景

時代背景はちょうど昭和から平成へと変わった時期です。映画の放送が1995年、平成の開始が1989年ですから今見るとちょっと昔の話だなーって感じですが当時はタイムリーだったんですね。

来年、産まれる子たちは平成産まれですらないんだよね。ガクぶる

原作漫画の裏設定

耳をすませば

▼映画では中学3年生、原作では中学1年生
確かに原作の方は幼いです。
▼天沢君の夢はヴァイオリン職人だが、原作は画家
▼原作のムーンは黒猫という設定
▼原作の天沢君には兄がいる
その兄は雫の姉と交際している

原作漫画も読んで実際に比較してみたいなー

他ジブリ作品キャラが実は隠れている

耳をすませば  耳をすませば

▼雫の部屋には魔女の宅急便の主人公【キキ】の人形が飾られている
▼図書館のシーンで本棚を見ると…TOTOROというタイトルの本がある
▼地球屋で修理していた時計盤に「 PORCO ROSSO 」という名が刻まれている紅の豚の主人公の名前
▼雫がお父さんに弁当を届ける途中、駅のホームの向かい先に海がきこえるの「拓」と「里伽子」がいる

次見るときは探してみよう!!

バロンに関する裏設定

耳をすませば

『猫の恩返し』では全編にわたって登場するバロンですが、『耳をすませば』では地球屋に置かれている猫の人形として登場します。
地球屋の主人・西史郎は、戦前のドイツへ留学中にバロンと出会います。史郎はバロンの持ち主に譲ってほしいと頼みますが、バロンの恋人である貴婦人の人形が修理中で、2体を引き離すことはできないと断られます。
そこへ史郎の彼女・ルイーゼが現れ、自分が修理の終わった貴婦人の人形を買い取り、必ず2人を引き合わせると名乗り出たことで、史郎はバロンを譲って貰えることに。しかし、史郎がドイツを離れた直後に第二次世界大戦が始まり、ルイーゼと貴婦人の人形は行方不明になってしまいます。

『耳をすませば』ラストシーンについて(ネタバレ注意)

最も重要な名シーンで、最も胸の当たりがむず痒くなるのが、ラストでまだ中学3年生の聖司が言った「結婚してくれないか!」というプロポーズ。
「今すぐってわけにはいかないけど」と前置きしたとは言え、おませな幼稚園児でも小学生でもない、中学生で言うには「早すぎるよ!」と感じるセリフでした。これは宮崎駿が「ただ『好きだ』というだけじゃ弱い」と、後から加えたものなんだとか。

近藤監督は後に、聖司が結婚を申し込んだのは"あの白いモヤの向こうを見据えて、2人で歩き出そうとする決意"であり、"(先述した)青春時代に思い描いた理想の表現"。そして、最近の若者の関係が希薄な印象を受けることを憂い、"もっと自分の気持ちを素直に言葉に出したらいいのに"との想いから生まれた言葉であったと明かしました。

柊あおいによる原作は、後に『耳をすませば 幸せな時間』という続編が出版されました。
しかし、内容は中学3年生になった雫たちの進路に触れられる程度で、聖司との関係に進展があったわけでありません。柊も宮崎も、今は亡き近藤監督も、聖司と雫のその後については口を閉ざしており、ファンの間で永遠の謎として扱われてきました。

いかがだったでっしょうか。また、作品を見るのが楽しみになったでしょうか。ネットを調べると憶測を含めまだまだいろんな情報があります。興味のある方はぜひ調べてみてください。

作中には納まらない色んな思いが作品にはあるんだよね。
コメント一覧
  1. ぺぺ より:

    耳をすませば、はジブリの中でも最も好きな作品ですが、、、他のジブリ作品のキャラが隠れてるっていうのは全然気づきませんでした!芸がこまかい!

  2. さいばい より:

    「耳をすませば」の原作は漫画ということは知っていましたが、アニメ映画と設定が結構異なっているとは知らなかったので、続編と合わせて読んでみたいと思います!そして聖司のプロポーズに監督の深い思いが込められているとは、、、二人がこの後どうなったか、余韻に浸りながら思いを巡らせてみようと思います。

  3. yhoyhoswy より:

    原作漫画があったんですね、今の今まで全く知りませんでした。ジブリ作品の隠れキャラとか、裏設定なんかはやっぱり興味関心がわきますよね。何回も見返してしまいます。

  4. kuuko3 より:

    「耳をすませば」はジブリ作品の中で最も好きな作品ですが、原作が少女漫画ということは初めて知りました!原作の方も機会があれば読んでみたいなと思います。ジブリキャラの隠れキャラも初めて知りましたのでまた違った楽しみ方で「耳をすませば」見てみようと思いました。

  5. ゆきまる より:

    ジブリが大好きで、我が家では週末になるとプロジェクターを使ってスクリーンに映し出しジブリ作品を楽しんでいます。
    何度も何度も見ています。
    けれども耳をすませばの作品の中に他のジブリ作品が登場していることには気づきませんでした。文字なので、気づきにくかったのかもしれませんが、これから見る時の楽しみが増えました。また、

  6. しい より:

    耳をすませば、小さい頃から大好きな作品です。
    都市伝説って…?とちょっと怖いのかと思って気になってしまい読んだのですがそうじゃなくてよかったです(笑)
    原作が漫画でなのは知ってたけど、設定が違うものもあるので読んでみたいです。
    そしてあんなに見てきたのに、他のジブリ作品のキャラが出てたのは知らなかったです。探さなきゃ…!!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連キーワード
映画の関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事