おすすめ
ブラック企業 アンケート

どうも、ジョンです。今回は自称やばい会社勤務の社員とまたは家族15名に何がやばいのか実際にアンケートしてみました!!
自分もやばい会社に勤めていると思う方はぜひ比較してみてください。
正直、自分はまだまだぬるかった(笑)
※ちょっと可哀そうになるくらいの内容もあるので苦手な方は閲覧注意してください。
では、アンケートの項目から順に紹介していきます。

アンケート質問内容の紹介

あなた自身、もしくは家族の勤める会社のやばいところを教えてください。サビ残、パワハラ、セクハラ、横領、なんでもOKです。
選択式と記述式があります。
まずは各選択式の6点満点!! 計4問の24点満点です。
ちなみに5つ以上当てはまればブラック企業認定らしです(笑)
あなたのスコアはいくつでしょうか。
後の結果で記載する猛者たちに勝てるか試してみてください。
問1 労働時間に関して(複数選択)

まずは基本の労働時間です。過労死などニュースが多いですがまだまだひどい会社はいっぱいありますね。
問2  給与に関して(複数選択)

続いて給料関係!辛くても給料が良ければ頑張れる部分もありますがなかなか厳しい現実があります。
問3 人間関係に関して(複数選択)

そして人間関係! まだ良い仲間と一緒なら辛くても乗り越えようと思えるものですが。。。
問4 その他の項目(複数選択)

労働時間や給料以外にも色々とやってらんないことってありますよねー。
最後は記述式、内容は簡潔に!!
●あなた(家族)の会社のヤバイところを教えてください。

ブラックあるあるから、そんなことあるの!?ってことまで色々な回答がありましたwww
皆さんのスコアはいかがでした? 是非、次の結果と比較してみてください(^^)/

アンケート結果 ワースト3位

 

まずは、選択式回答のスコアから見るヤバイランキングトップ3です!1

 

スコア第3位:40代男性-卸売業

やばい度スコア 9/24
40代男性-卸売業

(5以上はブラック認定)

余裕でブラックですね、簡単に業務内容を教えてください。

旦那の勤務先ですが病院や学校・介護施設などに、医薬品や備品などを配送を管理する仕事です。

業務自体は特出したものではないですね。何が具体的にやばいんですか?

社長はいわゆるワンマンです。社長は会社の経費で自宅・自家用車を買っているにも関わらず、うまく税理士と結託して誤魔化しています。ただ、会社の経営権をすべて持っているため、誰も逆らうことができません。

この時点で、法的にアウトー!!

社員にはわずかばかりの菓子折りなどを時々配り、自分は裏で至福を肥やしています。先日購入した別荘も会社の経費です。そこで行われる花見に強制参加させられ、社長の息子の面倒を押し付けられたりしています。自分の友人のお店のものを経費で買い、それを社員に配り、さも社員へ還元しているように見せていますが、すべて会社の経費です。早くがさ入れが入って、社員が助かれば良いと思っています。

なるほど、恐怖政治で誰も告発しないんですねー。白日の下に曝されることを祈ってます。旦那さんに優しくしてあげてください。

スコア第2位:20代女性_美容師

エントリーNo.14
20代女性_美容師
やばい度スコア 13/24
(5以上はブラック認定)

労働環境やばそうですね。美容師はきついとよく聞きますが、具体的にどんな業務内容ですか?

スタイリストのアシスタント、シャンプー、掃除などが基本です

内容的には一般的なイメージ通りですね。どんなふうにヤバイんですか?

始発出勤、終電帰宅当たり前、定休日の月曜日には講習会や勉強会に参加、その他の休みはカラーモデルやコンテストのモデルさんをハンティングしに一日中駅前で声かけるなど、プライベートに使える時間は一切ありませんでした。

これはきついですね。休日までそんなに拘束されちゃ体力持ちませんよね。

朝礼、終礼では毎日目標と反省を全員の前で大声で言わされます。徹夜で技術を磨く社内大会もあって、もちろん強制参加させられます。全部強制的にやらされるのですが、自身の技術の向上の為になると言われて断ることは出来ません。体を壊し辞めましたが本当に地獄の日々でした。

想像を絶する世界ですね。できれば体を壊す前に離れられるとよかったですが難しいんでしょうね。ご自愛ください。

スコア第1位:20代_女性 IT関連

エントリーNo.8
20代女性_IT関連
やばい度スコア 16/24
(5以上はブラック認定)

さあ、第一位です。2位のエピソードでちょっとおなか一杯なんですが、さすが1位満遍なくやばそうです。ITといっても色々ありますがどんな業務ですか?

事務やコールセンターなどをアウトソーシングをする会社です。

なるほどコールセンター、アウトソーシング・・なんかやばそうに匂いがしてきますね。実際どうやばいんですか?

上司が何人も精神を病んでいき、失踪したりする。しかもそのまま放置されて完全にめちゃくちゃな状態になってしまったり。基本的にずっと給料は低いのに昇格だけはしていって責任感のある仕事をさせられたりして割りに合いません。

よく会社が成り立ってますね、社員が病むまで残り続けるのも不思議です。ほかには何かありますか?

体育会系のブラックな上司が多く、飲み会ではセクハラや無理やり飲ませるようなことも当たり前。ひどい人は暴力を振るわれることもある。女は取引先の飲み会に呼んでずっと接待をさせたりセクハラを受けさせられています。

まだそんな会社あるんですね。早く他を探してほしいですが、きっと事情や精神的に無理な方が多いんでしょうね。

他のアンケート結果 ダイジェスト

特にヤバイ3名を紹介しましたが、そのほかの方々も十分ヤバイエピソードがありますので、ダイジェストで紹介します。

あなた(家族)の会社のヤバイところを教えてください。

募集の際に記載されている残業時間の2~3倍程度の残業がありました。
その残業内容に関しても、残業してまでやらなければならないのか疑問に感じるような作業もありました。
残業代はきちんと給付されていましたが、拘束時間が長く、月の残業時間は40~60時間程度ありました。自宅に着くのが0時を過ぎたこともあります。
用事があって定時で帰る時には必ず上司から嫌みを言われます。自分にできる仕事がなくて定時で帰る際にも言われることもあるほどです。/20代 女性 事務

有休がとれません。友人の結婚式で有休を取ろうとした知人は却下されました。有休を取る時に執拗に理由を聞いてきます。この理由を聞くところからブラックです。私も通っている病院に行こうとして有休を申請したら、病院に午前中に行くなら半日有休にできないかと言われました。検査によってはどうなるかわからないのに、まともに休めない会社にあきれています。校舎や教室に常にぎりぎりの人員しかいないため、有休を取らせないようにしているとしか思えません。実際に退職した友人は、最後の上司との面談で有休は取らせないと明言されました。私も退職を考えています。 /40代 男性 塾

産休・育休を取る場合の欠員補充がない。そのため、通常通り勤務している社員の仕事の負担が増えることになる。臨時採用や派遣社員でもいいので欠員補充をして欲しいが、なかなか会社内の承認が下りない。その結果、離職者も増えることになり、さらに社員の仕事の負担が増えるという典型的な悪循環に陥っている。4月から有給休暇取得が義務化されるなど働き方改革を進めていくようだが、現場で働く社員にとっては希望が見出せない。/30台 女性 教育事務

ワンマン社長がコロコロと経営方針や業務方針を変えてしまう。第二新卒を採用して会社のカラーに染めると言い出し、大金をはたいて有料媒体を駆使して若手を大量雇用したが、若手を配属する予定の新規事業が頓挫してしまい、当初の見込みの売上がたたなくなってしまった。赤字部署の人員に支払う給与が惜しくなり難癖をつけて給与を下げたり手当を外したりしたため全員短期間で退職してしまった。
そのため、今後は第二新卒などの若手は採用しないと決められてしまった。なんでやねん。/40代 男性 ITコンサル

退職金もない契約のパートタイマーから、毎月「共済費」を1000円近く取り、行きたくもない社内ボーリング大会に誘ってくる。だれも行きたくない年に一度の社員旅行は二泊三日!!個人での持ち出しもあり。営業は、有給を取ろうが定休日であろうがスタッフからの電話には出なければならない。
営業成績によって待遇が雲泥の差。求人をいつも出していて「頑張り次第で月給100万円の社員もいます!」実際はいない。女性の営業がいない。育てない。/30代 女性 派遣スタッフ

ブラック企業アンケートの総評

以上、15名に行ったアンケートから結果を紹介させていただきました。
アンケートに協力いただいた皆様ありがとうございました。
結果を見ての総評
・まだまだ、旧世代的な会社がたくさんある
・酷いとわかっていても辞められず体を壊す人が多い
・法律的にも明らかにアウトな会社もたくさん
・会社を変えるために行動できる人はなかなかいない

みなさんの会社はいかがですか? やっぱり健康が一番の資本です。会社の改善が難しいのであれば勇気はいりますがやめる選択肢を検討しましょう。
コメント一覧
  1. より:

    自分も務めている会社が社長のワンマン経営なので、思い出しながら読ませていただきました。明日からも憂鬱ですが、もっと過酷な中でも頑張っている方がいると思い、頑張ります!ブラック企業が無くなって、みんながもっとストレスフリーな社会になってほしいですね。

  2. たけ より:

    ブラック企業の第一位がIT企業になった事に本当に驚きです。これからの日本を牽引していくはずの業種だと思っているのですがね。やっぱり見た目と中身は違うってことですかね。
    勉強になりました。

  3. pnkpuni より:

    ブラック企業にもいろんなタイプがあるんだと知りました。自分が仕事を探すときに参考にします。
    それにしてもランキング1位の会社がヤバすぎますねw さすが閲覧注意の記事ですw

  4. 皆さんヒドイブラック企業なのに辞めずに耐えている方もいるのですね。私はパートのお局様のパワハラに耐えきれず去年辞めてしまいました。次の仕事を探さなくてはと思っていますがトラウマになってしまったのか怖くてまだ面接にも行けません。精神的に病んでしまうと次になかなか進めなくなってしまいますので無理はしないで欲しいです。

  5. ゆあり より:

    サービス残業がいまだにまかり通っていることが信じられません。当然の権利として、報酬を得られるはずなのに、労働基準法に反しますよね。病んで自殺された方、最近労災が認められたというニュースをみました。

  6. より:

    旦那の会社ですが、私的にはかなりブラックに感じていましたがこの記事を読んで「もしかして旦那の会社はホワイト…?」と錯覚してしまう程でした。まだまだこのような会社が存在するのですね。働き方改革でどこまでこのような会社が変わるのか…または変わらないのか…。すべての会社がホワイト!までいかなくても、少しでも改善される事を祈っています。

  7. ひかり より:

    私の先日辞めた旦那の会社が家族経営のワンマンで大変でした。やっと辞めて転職したところです。
    上司が会社にいるのが生き甲斐みたいな50代ばかりで押し付けや八つ当たりが酷く鬱病になってしまった同僚が社内に3人いました。使い捨てのロボットじゃないんだから働いている人にも大事な家族がいることをもっと考えてもらいたい。本当に切実にブラック企業は減ってほしいです。

  8. M より:

    自分の会社は大丈夫だけど、身内の会社が結構やばいです。給料が2ヶ月遅れや、フォークリフトの免許がなくても運転させたり、残業してるのに手取りと見合ってないなど、ブラックにも程があるだろって思いますね。友達は事務をやってるんですが、残業手当ないのに残業させられてるみたいです。今まで事務がいなかった会社らしいんですが、次から次へと仕事を任されるみたいで時間内に終われなくて終電無くなったりと可哀想です。

  9. あいあい より:

    私自身、ブラックに勤めていたという自覚がなかったのですが、この記事を読んでもしかしたらと思えることがいくつかありました。新人にとっては上司の言うことが絶対だと信じて疑わなかったですが、今の時代には合ってないですよね。

  10. ランボー より:

    私も最近入った会社をもう辞めるつもりですが、私以外の方も、労働に関しては苦労しているなあと思います。
    私の会社は暴言を吐く上司がいる、繁忙期でなくても毎日2時間以上の残業が当たり前、勤怠時間の管理なし、経営理念の唱和(笑)などがあります。

    特に笑えるのが、クライアントにタイムカード導入を推奨しながら、自社はタイムカードを導入していない点ですね。

  11. くま より:

    ブラック企業は私も勤務した経験がありますが本当に理不尽ですよね。辞めても離職票を出してくれなかったこともありました。お金にならず休みもろくに取れず体を壊すくらいならば勇気を持って転職するのが一番なんだなと記事を読んで改めて思いました。

  12. 鳥の唐揚げ より:

    私も以前はブラック企業と呼ばれる会社に勤めていたので、興味深く読ませて頂きました。私が実感したのは「家族ぐるみで経営している小規模な会社はブラック企業が多い」という事でした。上層部が全員身内なので(夫婦やら親戚やら・・・)困った事があっても、信用して相談出来る人なんていませんでした。何かあっても身内なら、すぐ隠蔽出来ますもんね・・・。しかし、勤めている間は新入社員として入社した事もあって、数年退職という選択は不思議とありませんでした。正社員なのにボーナス無し、休日は月3〜6日、過度な残業、「これが社会人だ」と上司や先輩から毎日言われ続けてきたからです。結果的に家族や友人から、もっとまともな会社は沢山ある、と説得された為、可笑しさに気づき辞めたわけですが・・・。「新入社員などのまだ社会を知らない子」は、なかなかブラック企業とは気づかず、精神を病んでしまいがちです。かと言って、すぐに逃げ出そうとするなら、「今時の子は根性がない」と世間から言われてしまう。難しい時代だな、とつくづく思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ビジネスの関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事