ジョン
先日、ポラスのブランド・ポウハウスで注文住宅を建築しました。今回はポウハウスの魅力や性能、価格などについて紹介します!!

 

ポラスのポウハウスって何?

ポウハウスは首都圏を中心に展開するポラスグループの注文住宅のブランドの一つです。
「DESIGN & TECHNOLOGY」をコンセプトにしていて、要望に応じ様々なデザイン・仕様を実現しながら性能もおろそかにしない欲張りなブランドです。

耐震性や断熱性などを確保しながらチャレンジングな家を建てたい方にはぴったりなブランドだと思います。

ジョン
実際、私の家も他のハウスメーカーではできないといわれた間取りを取りつつ耐震等級3を実現いただきました。大変ではあったみたいですが(笑)

 

ポラスグループから詳しく知りたい方は下記ボタンからどうぞ。

ポウハウスのデザインについて

ポウハウスでは、ポラスの中でも数人しか存在しない選ばれしデザイナーが担当についてくれます。

和モダンなベースが多いですが要望次第で様々な対応をしてくれます。

本当に素敵な施工例が多くて、私もモデルハウスのような家を建てることができました。

それでいて快適だからいいですね。

ポラスのホームページに施工例があるのでぜひ見てください。

ジョン
ただ、実際に見るのと写真や映像だと全然感じ方が違うのでぜひできれば展示場に足を運んでみて下さい。
私は、千葉の西船橋の展示場でポウハウスに惚れ込みました。

展示場に行く前に、こちらから紹介すると特典もありますのでぜひ気軽に活用してください。

 

ポウハウスの性能・坪単価について

続いて、ポウハウスの性能や価格について触れていきます。
それぞれいろいろと指標があるのであくまで個人的な見解も含め記載します。

耐震性について

最近は大きい地震も多いので大事なポイントです。

耐震性に力を入れている会社は多いですが、ポウハウスの特徴としては「木造でかなり自由な間取りでの耐震性が確保できる」ところです。

大手のハウスメーカーでも自由設計と言いながら性能を確保するためにある程度、決まった形があったり柱の位置に制限が多かったりします。

そうじゃないと性能が担保できないんですね。

ジョン
私の家も結構無茶な注文にこたえてくれました。別のハウスメーカに聞いたときは無理だといわれました(笑)

じゃあ、なぜポラスはそれができるのかというと大きく2点です。

 

①木材加工メーカとしての独自開発の耐力壁の使用
 埼玉・越谷の本社にいくと実物が展示されていますが、同じ幅の柱や壁でも組み合わせや金具のつくりを工夫することで何倍・何十倍の力に耐えられるように作られています。

 

②戸建て一棟一棟を個別に3Dシミュレータで検証
  通常の耐震計算では、平面でも応力の計算しかできません。また地震の揺れも様座なパターンがあります。

それを、千差万別の注文住宅の性能を担保するために3Dの物理シミュレーションを用いて強くする必要がある壁面のみ強化するなどコストも考慮した設計が可能になります。

他のメーカだと、それを間取りの制限などで担保しているパターンが多いわけですね。

 

 

断熱性・換気方法(マイルドエアーフロー)について

自然の力をうまく活用しつつ、快適な暮らしをエコに実現できるのがポラスの強みです!

 

・断熱性
ポラスは飛びぬけて性能が良い家を作るわけではありません。というのも施工エリアを関東に限定しており、その気候にあわせた家づくりを心掛けています。

断熱性は追及すればあがりますが、その分コストがかかります。また、ある程度までは実際の外気との温度差に反比例していくのでZEH基準はクリアしたうえであとはコストパフォーマンスがいいところまでやるといイメージです。

もちろん、追及したい断熱マニアの方は個別に対応いただけます。


・換気方法(マイルドエアフロー)
大手のハウスメーカーの多くは、換気システムにも力を入れています。
賃貸住宅などでは、換気口があり自然に空気を入れ替えるだけのパターンが多いです。

しかし、ポウハウスでは換気を機械を用いて行うことで計画的に行いつつ、フィルターによる花粉やほこりの除去を行います。

また、一年間温度差の少ない床下の温度を利用し夏は涼しく、冬は暖かく外気との温度差を小さくしています。なので、熱交換機器などは使用せずにエコに快適な換気を行うことができます。

 

実際にポラス(ポウハウス)に住んでみての感想

ポウハウスに住んでみて、半年ほどでの感想です。

2020年の9月に入居したので、初めての冬を経験しました。特に不具合もなく快適に過ごしています。

真冬で、外が0度以下になった時もマイルドエアフローの効果で家のなかはエアコンなしの朝でも15度前後に保たれていました。もちろん暖房なしで過ごすのは少し厳しいですが、エアコンで一台で吹き抜けのある大空間も快適に過ごせています。

色々とハウスメーカーは検討しましたが、価格も含め選択肢としては良かったと思います。

私の家の詳しい間取りなどは、また別の機会に紹介したいと思います。

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事